trazomAW’s diary

親バカ日記

アボカドの日

f:id:trazomAW:20210218232151j:plain
f:id:trazomAW:20210218232156j:plain
f:id:trazomAW:20210218232240j:plain

今日は平日のシフト休み。いろいろな事情があって、朝から料理に忙しい一日であった。普段あまりマイレシピでは使わないアボカドをたくさん使ったので、この題名にしただけの話である。

 

先日作ったナポレオンパイ用に準備したホイップクリームとカスタードクリームがたくさん余ったので、心希の好きなホットケーキミックスで作るケーキスポンジをまず焼くことにした。

 

使うレシピは、「桃缶のショートケーキ」だが、もちろんクリームは作らない。中に挟む用のフルーツはいちごが一個だけ残っていたのでそれを食べてもらうことにした。

 

使う材料は、HMと卵、牛乳、砂糖だけなのできわめて簡単なはずだったのだが、手元にあったHMが200gだったのに対して、レシピは300g用の記載だったので、材料を混ぜる際は全て数字を2/3しなければならないところ、朝のボウッとした頭ではやはり抜けが出てしまう。

 

牛乳も200gでよかったところ、なぜか300g入れてしまったので、生地がドロドロのままで往生した。仕方なく、焼く時間を1.2倍程度にのばして対応し、なんとかおいしく食べてもらえたし、私も朝食に代えた次第。

 

お腹が落ち着いたところで、畑の水遣りをして、新聞を読んでしまう。そしておもむろに、強力粉と砂糖、塩、そしてイースト菌をふやかし溶かしたお湯を混ぜてしっかり捏ねるのである。

 

朝から生地を叩きつけるバンバンとした音が響き渡ってさぞ近所迷惑だったろうが、私はお昼においしいピザを食べたかったのだ。

 

生地を発酵段階にしたところで、ヤオコーへ買い物に出掛けた。アボカドや生ハム等買い込むためとママからサービス特価の卵を買うよう指示が出ていたのである。どうもまだこの店に慣れていないらしく、会員カードをレジ前のセンサーに自分でかざすのをいつも忘れてしまう。

 

さて、帰宅するともう発酵が終わっていたので急いで、シーチキンとコーンをトッピングしてピザを焼き上げてしまった。帰ってきたママにもおいしく食べてもらった。最初ママにこのピザを見せると、「えっ買ったの?」と渋い顔をされたのだが、つまりそれほど上手くできていたということの証左であったろう。

 

焼きたてはなんでもおいしいので、ここでゆっくり昼食を摂る。そして、気持ちが張っている内に、次の料理へと進む。「ナッツ入りアボカドとクリームチーズブルスケッタ」に挑戦したのである。

 

アボカド1個分をサイコロ状にして、クリームチーズも同サイズにしたものをボウルへ入れる。これにバジルとオリーブオイルを混ぜておいておく。

 

次に一口サイズに切ったバゲットに生ハムを巻きつけたものを皿へ並べ、その上からオイリーなアボカドをかけていく。そして在庫してあったマカダミアナッツを載せるともう出来上がり。

 

これがなかなかの味で、先回生ハムを警戒し、且つクリームチーズお苦手なはずの佑陽もパクパク食べていたのである。

 

3時のおやつには、朝作ったパンケーキを供して、心希に喜んでもらった。夕方、佑陽と一緒に「パイレーツオブカリビアン最後の海賊」を一緒に楽しんだ。心希はこの手の映画はまだ怖いのだそうだ。

 

さて、夕飯は「アボカドとウィンナーのクリーミーグラタン」を作った。もはやこの手のグラタンに挑戦という言葉はふさわしくないだろう。

 

玉ねぎとウインナーとアボカドを炒めて、薄力粉を混ぜて牛乳とコンソメで味付けをするのはもうパターン化している。今日のレシピは、アボカドとマヨネーズを使うところがいつもと違うだけなのである。

 

しかして、フランスパンとくるみパンでおいしくいただいたのである。デザートは、子供達が勝手に冷蔵庫からコーヒーゼリーを出してきて食べていた。おばあちゃんからういろうがたくさん届いていたのだが、今日はもう食べられそうになかった。

 

ういろうは、おばあちゃんから佑陽にとお祝いの品だったのだが、他に茶道具なんかも送ってきた。調度抹茶もあることだし、そろそろまた茶会を催すのも悪くないと考える今日この頃である。